注意したいフロアコーティング

せっかくフロアコーティングをしたのに手入れをしていなければ、状態をキープし続けることは難しいです。

掃除が簡単なコーティングをやっていてもメンテナンスをすることは大事なことです。

コーティングが施された床にぬれ拭きは厳禁、乾拭きをしておきましょう。

市販されているお掃除シートでもいいですが、ぬれた状態のものをあります。

ウエットタイプを使った後は床の水分をふき取りましょう。

油性マジックで汚れてしまった場合は、アルコール系の洗剤を使ってみるといいでしょう。

最近ではアルコール系の洗剤が多くなっているので見つからないということはないでしょう。

ふき取るときは乾拭きにしておきましょう。

モップでふき取るのは厳禁です。

せっかくのフロアコーティングを劣化させる原因となってしまいます。

普段の掃除をしておけば耐久年数までキープすることができます。

傷がついてしまった場合はそこから劣化してしまうこともあります。

床に傷がつかないように気をつけましょう。

傷の状態によっては、もう一回コーティングすることになります。

家具の配置がよくないとフロアコーティングをキープすることは難しいです。

そこで、家具の配置についてちょっとしたアドバイスをします。

意外と気付かないのですが、スリッパの裏面を綺麗にしておかないと床が傷つく原因となります。

裏面がフェルト生地のスリッパにしておくといいでしょう。

タンス、食器棚、テレビ台といったものは長い年月置かれることが多いので、床が傷つかないようにマットを下に敷いておきましょう。

耐震対策をしていると、傷がついてしまうことがあります。

安全をとるか床が傷つかないようにするかは悩むところですね。

玄関またはよく空ける窓などは砂ホコリが入らないようにしておきましょう。

掃除道具は箒やブラシより使い捨てのお掃除シートや雑巾がけでいいでしょう。

ブラシや箒の毛先が床を傷つける原因を作ってしまっています。

傷かつかないように注意をしておけば耐久年数を越えてもキープすることができます。

状態を維持するのは難しいですが、ちょっとした工夫で長い期間フロアコーティングを維持することができます。