フロアコーティングの比較と見積もり

専門のナビゲーションサイトは通常の検索サイトより情報を細かく調べることができます。

フロアコーティングの比較と見積もりができるナビゲーションサイトでは、品質、価格、機能、光沢の四つの比較をすることができます。

最大で8社を同時比較することができます。

見積もりは無料なので、比較するだけならば利用してみるといいでしょう。

価格で比較すると、ウレタン、シリコン、ガラス、UVの一番最初が安くなっていき、最後のUV加工が一番高い価格となっています。

ウレタンが一番安いのですが、耐久年数が10年も持ちません。

UV、ガラスコーティングは高いですが、耐久年数が20年もあるので、自分の家の事情にあった条件を考慮して選択するようにしましょう。

フロアコーティングで注意すべきことは、耐久年数は光沢が続く年数ということではありません。

日ごろのメンテナンスは必要不可欠となります。

いくら汚れが付き難い加工がされているからといって、まともな掃除をしていかなければ状態をキープしていくことは難しいです。

見積もりや耐久年数を比較するのもいいですが、機能面での比較をすることを忘れてはいけません。

機能面ではガラスコーティングが一番ですね。

紫外線カット、酸化の影響をあまり受けない、部屋の雰囲気を阻害することはありません。

フロアコーティングで迷ったらガラスが一番なのですが、費用が高いというデメリットがあります。

UV加工はガラスと同じ機能がある上に乾くのが早いという特徴があります。

機能面ではガラスまたはUVのフロアコーティングが優秀なのですが、費用面のことを考えるとベストな選択とはいえません。

シリコンやウレタン加工は安価なのですが、ガラスやUV加工にはない特徴があります。

シリコン加工は防水性に優れていて、水を通さず空気を通すという特徴をもっています。

ウレタンは一番安価な加工でメリットないように見えますが、安いという最大のメリットがあります。

普通に生活している分には問題を感じるレベルではないので、ウレタン加工でも十分に見栄えがよくなりますよ。